預金とは、銀行や信用金庫などの金融機関に金銭を預けることをいい、企業に勤めているサラリーマンであれば給料の振込は金融機関に振り込みされることが多いです。
個人が金融機関に預け入れたお金については、金融機関が別の人間に貸して金利を得たり、企業に貸し付けることにより金利を得て収入を得ているので、個人が預金しているお金については金利がつきます。
個人が銀行に預け入れる場合に様々な預金形態を選ぶことができ、用途によって使い分けることが可能です。
普通預金は自由に預け入れ、払い戻しができる預金口座で、銀行取引の基本となる預金商品であり、会社の給料振込などが振り込まれる口座です。
また、自由に預け入れができる点で金融機関が各場所に設置しているATMなどで預金を引き出すことが可能であり、キャッシュカードの発行を受けていればカードを挿入するだけで預金を引き出すことが可能です。
                                        赤ちゃん10                                             
貯蓄預金は残高に基準額を設け、最終残高が基準額に達した日について高い利率を適用する出し入れ自由の預金であり、最終残高は各金融機関によって決まりがあるが、出し入れが自由で少しでも金利を多く貰いたい人にとっては有効な預金方法です。
通知預金はおおむね1週間から1ヶ月未満の期間の預け入れに適した預金であり、自由にお金を引き出すことができない預金方法です。”